箏春庵

体験地の名称 箏春庵(そうしゅんあん)
キャッチコピー 美しい響き、箏体験。あなたも奏でられます。
体験内容説明 プロの演奏家に「まるで、師と弟子のように」、しっかりと情熱を持って教えてもらえる箏の演奏体験。どなたも「さくら」をちゃんと1曲弾けるようにご指導致します。お帰りにはかわいい「さくら」の楽譜をプレゼント。
料金 一日体験:6000円/人
定員 8人位まで
所要時間 80分
開催日時 10:00~21:00
申込方法 メールまたはお電話にてご予約をお願いいたします。メールの場合は、ご希望日時(第3希望まで)と体験希望人数をお知らせください。
体験内容備考 箏の演奏体験、講師による「さくら」の生演奏。
※お子さんからご年配の方までどなたでも弾くことが出来ます。
※椅子で受けることも可能です。
どうぞお気軽に お越し下さいませ。
住所 京都府京都市上京区東神明町288-2
アクセス バス停「千本出水」より徒歩2分。JR二条駅下車徒歩約15分、タクシーなら5分。
電話番号 075-801-4652
FAX番号 075-801-4652
ホームページ http://soushunan.jp
メールアドレス info@soushunan.jp
入場日・時間 10:00~20:00
定休日 不定休(予約の際には相談に応じます)
駐車場 近隣にコインPあり
備考 披露宴を初めとした各種イベント・コンサートなどにも出張演奏いたします。お気軽にお問い合わせ下さいませ。
クレジットカード利用 不可
一期一会の出会いを大切に日本の伝統文化を伝える

お箏を再開した後は、島原の太夫専属の地方(演奏者)や下鴨神社の観月祭での演奏家として活躍。今は挙式などで演奏することもあり、時には洋楽を弾くこともあるそうです。「できないとはいいたくない。頼まれたことはなんでもやり遂げるのがプロですから」そんな気概があるから、体験で来てくれる人すべてに真剣に親身に接します。 「2人で体験に來られたら、できる限りおひとりは私、もうおひとりには母がと、1対1でお教えしたいと思っています。必ず1曲弾けるようになって帰っていただきたいのです。母は英語も話せないけれど一所懸命教えるから、言葉の壁を超えて想いが伝わるようで、外国の方にも評判がいいですね (笑)」単に、ちょっとお箏にさわって知ってもらえたらいいという気持ちではないから、体験する人もおのずと真剣になっていくのだろうという島崎さん。体験しか海外の方のなかには、その後も手紙やメールで連絡してくれる人もいるのだとか。 「台湾の方で、お箏が好きだといって、わざわざ探してここに来てくださった方がいらっしゃいました。ここで体験しかときも、喜んでいらっしゃいましたが、帰られてからも、ずっとご連絡をくださるんです。東北の震災があったときも、一番に連絡してくださったのはその方でした」台湾に遊びにおいでと言われ、プライベートで台湾を訪ねるなど、その後も国を超えた友情を育んでいるのだそう。

スペシャル体験

  • 01

    箏が日本へ伝来した由来や造り各部位の名称などを説明。演奏用の爪の付け方、箏の扱いかたを教えてもらう。
  • 02

    縦符という箏の楽譜の見方と、その楽譜を見てどう弾くか弾き方の基本が説明される
  • 03

    まずは、先生がお手本を演奏。曲目は日本人なら誰もが知る「さくら」。
  • 04

    その後は、実際に爪をつけ符面にそって弾いてみる。
  • 05

    手の動かし方、力の入れ方
    体重のかけ方など手をとって説明。
    だんだんコツがわかってくる。
  • 06

    繰り返しお稽古をする。上手に弾けたら、最後に先生と合奏することも。時間があれば、先生の演奏を聴くことも出来る。