TAIKO-LAB 京都 

体験地の名称 TAIKO-LAB 京都 
キャッチコピー 打てば体の芯まで響く。やれば元気に!和太鼓体験。
体験内容説明 プロの和太鼓の演奏家が、その人のレベルにきちんと合わせて楽しく元気に教えます。だから体験後の満足感が評判。バチに全身の力を込めて打った時の振動と感動には、言葉は いりません。
料金 スタジオ、講師料込みで一講座10000円(2人分の料金)
定員 2人から。※ご相談に応じますので、お気軽にご連絡下さい
所要時間 1時間
開催日時 10:00~18:00 ※ご相談に応じますので、お気軽にご連絡下さい
申込方法 電話、FAX、メールで
体験内容備考 日時や人数など、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
住所 〒600-8387 京都市下京区高辻大宮町113-4
アクセス 阪急大宮駅下車、徒歩5分
電話番号 0120-923-915
FAX番号 0120-468-616
ホームページ http://www.taiko-center.co.jp/
メールアドレス taikolab-kyoto@taiko-center.co.jp
入場日・時間 10:00~18:00
定休日 日・祝
駐車場 なし
備考 1階のSHOPでは和太鼓はもちろん、太鼓ストラップなど太鼓グッズの販売も。
クレジットカード利用 お問い合わせ下さい。
太鼓センター内に設立された「TAIKO-LAB京都」は、日本伝統の太鼓演奏を、伝統的な技法に則って教える世界最大の和太鼓教室。初心者、中級者、上級者とレベルに分けて教える通常の教室のほか、子供からお年寄りまでが参加できる体験教室や海外旅行で日本を訪れた外国の人たちのためのワークショップなども開催しています。創業地は京都ですが、現在では、大阪や神戸、東京などにも教室を開くという人気ぶりです。京都での体験は、少人数なら四条大宮や西陣の教室で行われますが、団体ならば、東山の金戒光明寺などお寺で開催されることもあるそうですO3歳~80歳までの教室のはか、体験教室の講師も務める人見さんは。 「和太鼓はやっていいことばかりなんです。打っていると心身ともに元気になることがひとつO何人かのチームで練習して演奏するから、仲間の輪が広がるし、チームで助け合うことの大切さを知ることができます」と絶賛します。人見さんも、もとはといえばこの教室に和太鼓を習いにきてその面白さにとりつかれ、ついには講師にまでなったという方。大きな音を体全体を使って出す爽快感は、ほかにはないと言います。教室に通って本格的に習い始めると、どんどん楽しくなって、声をだしたり体を動かしたり、エクササイズ的な効果もあるのだとか。そんな和太鼓の楽しさは、体験教室でも存分に感じられると、太鼓センターの筧さん。 「海外の方に体験していただくときは、細かな説明よりも、まず太鼓を打つ楽しさを知っていただけるようにしています。たとえば、ひとつの太鼓を何人かで一緒に打ったり、移動しながら交代で打つなど、パフォーマンスも含めた太鼓演奏を体験していただくのです」 「トーン、ドン。ドン・ハイ。ドン・ドン・ドン」など、囗唱和で打ち方を教えていくから、日本語はわからなくて乱そのニュアンスを感じ取ってすぐに打てる。 「遠いと思っていた日本の伝統文化を、身近に感じていただけるひとときなのだと思います。よく考えてみれば、太鼓は世界共通の楽器ですからね。日本の方以上に、体験の時間をめいっぱい楽しまれ、イキイキとした表情で帰っていかれます」と、国や年齢に関わらず演奏できるのも、和太鼓ならではの魅力なのだと言いますO一つひとつは違う音色なのに、一緒にたたくとなぜか共鳴して気持ちのいい音を奏でる和太鼓。はじめて会った人同士も息を揃えて演奏する喜びを感じられるからでしょうか。日本の古都京都で和太鼓を体験することにより、和文化をより身近に感じるかもしれません。

スペシャル体験

  • 01

    1分間の黙想の後、始まりの礼
  • 02

    自分の体形に沿った太鼓を選ぶ
  • 03

    バチの持ち方、手を振り下ろして打つなどの太鼓の打ち方を習う
  • 04

    打ち終わった後の決めポーズなどの体の動きを習う
  • 05

    「ドン・ドン。ドーン・ソーレ」など、簡単なリズムを打つ練習をする
  • 06

    実際にリズムを組み合わせて演奏する。
  • 07

    いくつかのチームにわかれて、掛け合いの演奏をする
  • 08

    一つの太鼓を2人で打つなど、体全体を使って演奏する。
  • 09

    みんなで「ありがとうございました」と感謝の礼をして終了